FC2ブログ

家の性能って?

 家の性能って 何ですか?

車で考えると 乗り心地・安全性・燃費が良い・早く走れる(これは?)
家でも同じですかね 住み心地が良い・耐震性が良い・光熱費が安い
家の場合は燃費=光熱費・維持管理費
そして 光熱費が掛からない家というのは 暖かくて涼しくて住み心地がいいはずですよね

そんな性能の良い家の正体は 仕上げ材にも多少左右されるでしょうが
何といっても「気密」と「断熱」です

「高気密住宅」とは「C値」で表現され ゼロに近いほど隙間がない少なく
気密性が高いと言えます

「高断熱住宅」とは「Q値(熱損失係数)」で表現され
数値は熱のにげる量を表し これも小さいほど保温性がいいと言えます

性能の良い自然素材の木の家ならば 住み心地がいいでしょうね~!!

2日の日曜日は 名古屋港湾会館にて
『これからの』家造り勉強会が 開催されます
家の性能についての説明もあるかと思いますので
お時間があれば是非参加してみては如何でしょうか ⇒ 『詳しくは』

賢い家造り勉強会

 『賢い家造り勉強会』開催しました
いえ 開催していただきました~・・・

今回は不本意ながら 準備不足の為
伊藤様に講師をお願いいたしました
家造り120715

やはり高性能住宅の取り組みは 大変ハードルが高い為
私の様な不器用な者には 思うように進んでいません
その為 既に実績のある伊藤様に ご教授願う事になたのです

こうした地域の工務店仲間の連携も頼もしく
大変有難い事です 私も頑張って
お客様により良い価値ある家造りをお伝え出来るように
頑張りたいと思います 有難うございました。

続 R+ハウス三重モデル

 続『R+ハウス』三重モデルです

外観は斬新なリゾート的な感じですね
R+ハウス三重モデル2-1
玄関周りの大きな庇が とても斬新です

開放的にするため スッキリした鉄骨の階段です
R+ハウス三重モデル2-2
柱や壁がないので 明るい空間になります

こちらは2階の主寝室です
R+ハウス三重モデル2-3
ベットスペースが4.5帖で奥にクロークを配置してあり
全部で6帖なのですが 間仕切りも天井まで伸びていないので
広く感じます(実際寝るだけのスペースですからね)

この建物は延床面積が28坪ですが アトリエ建築家の設計により
とても開放的で広々と感じ 家族4人でも十分に暮らせる建物です

広々と感じるということは 実際に狭くは無い事を実感しました
予算的にも有利ですし 現実的なモデルハウスです。

R+ハウス 三重モデルハウス見学会

 先日の『R+ハウス』モデル見学会の続きです
岐阜のモデルハウスを見学した後、三重県のモデルハウスも
見学させていただきました

2棟建っていて その1棟がこの建物です
R+ハウス三重モデル1-1
こちらも外壁に 一部無垢の板を貼っています

玄関を入るとギャラリーになっていました
R+ハウス三重モデル1-2
実用的にも広い土間のような空間で 趣味や仕事にも活用できるスペースです

2階はスッキリとしたデザインです
R+ハウス三重1-3
予算をかけるべきところにかける為 その他は
シンプルに仕上げていますが やはりセンスが良いですね
勿論デザイン性だけではなく こちらも高気密・高断熱の高性能住宅です。

岐阜モデルハウス見学

 先日『R+ハウス』の 岐阜モデルハウスを見学に行って来ました

『R+ハウス』はアトリエ建築家と創る高性能住宅です
高性能住宅の性能の説明はともかく 今回はアトリエ建築家の
デザイン性をご紹介したいと思います

正面はガレージと一体になったギャラリー(事務所)となっています
R+ハウス岐阜モデル1
無垢の板張りがいい雰囲気です

この手造りの飾り棚 実はロフトに登るハシゴを兼用しています 
R+ハウス岐阜モデル2
アイデアもデザインですね

個人的に好きな空間造りです
R+ハウス岐阜モデル3
奥がキッチンになっていて その上がロフト
こちらもロフトに登る 階段が壁から跳ね出していて
飾り棚の役目も兼ねています 勢い良く登るには
強度的に疑問ですが 普通では考えつかないデザインですね

このモデルハウスは 何と気密性を表すC値が0.5cm2/m2以下だそうです
デザイン性だけではなく 住み心地もとても素晴らしいということですね。

博多で研修

 先日と言っても 11日のことなのですが
博多まで研修に行ってまいりました 今取り組んでいる
自然素材の高性能なデザイン住宅『R+house(アールプラスハウス)』
の研修です(今回も生憎の雨でしたが・・・)

外観も流石にスタイリッシュでお洒落です
博多24・4・11-1

キチンもとてもお洒落です
博多24・4・11-2

パウダールームから浴室も カッコいいですよね
博多24・4・11-3

手造りの家具もお洒落です 床は桧ではなく松の無垢フローリングです
博多24・4・11-4
壁はビニールクロスではなく、卵の殻でできている
「エッグウォール」という自然素材のクロスです
調湿性もあるそうなので 健康にも配慮された建物です

今回時間が無く日帰りの博多出張でした
新幹線で始発に乗り 最終で帰ってきました・・・
折角博多に行ったのだから 本当は中州の夜も
楽しみたかったのですが・・・

≪PREV | | NEXT≫