スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気密測定

  I様邸 R+ハウス『一家だんらんの家』
高気密高断熱の家には欠かせない 気密測定を行いました

冷暖房効率の良い家にするには 住宅の隙間を減らすことで
熱損失を少なくすることが重要です
又、気密を良くする事で計画的に換気する事が出来るので
結露対策にも有効です 気密はC値で表されます
数値が低いほど気密が良い事になります

P1140066.jpg
いくらマニアル通りの事を行っても 施工精度が悪いと良い数字は出ません
結果が出るまで正直 内心はドキドキです
一般に次世代省エネ基準は5.0以下
しかしR+ハウスでは出来れば0.5以下を目指したいと思っていました

そして結果は・・・ やりました~!! C値0.3(cm2/m2)
(実質には0.27だそうです) 大満足の数値です
P1140067.jpg
検査員の方にも「素晴らしいですね」と お褒めの言葉をいただきました

気密はサッシの性能も大きく影響しますが
今回採用したYKKのAPW330の性能は流石です
もちろん大工さんやスタッフの丁寧な施工の成果でもあります
ホッとしました~!!

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。