FC2ブログ

住宅ローン

 マイホーム計画で 一番重要なのが資金計画です
(お金を沢山持っている人は別ですが・・・)

「人生で一番高い買い物は住宅ローンです」

最近良く耳にする言葉ですが どの住宅ローンを使うかで
総支払額が全く変わって来るということです

このことは大変難しく これが正解!は人それぞれかと思われます

ある記事を参考にしますと
昨年まで良く使われていたのは「フラット35S」
と言う金利が10年間マイナス1.0%と言う商品です
金利を国が負担するからかなりのメリットがありました
(国が負担しているという事は 税金が使われていることですね)
フラット35は35年間金利が一定であるという事と
保証料が不要であると言うメリットがあります が 
団体信用生命保険に加入する事で大きなデメリットが出ると言う商品です
抜け道は、申込者が若ければ、別の生命保険に加入すると
メリットが出るかもしれないそうです

それから 固定金利選択型の銀行ローンが有ります
2年から20年までの固定期間を選ぶシステムです
当然 固定期間が長くなると金利が上がります
そうなると総返済額が多くなりますね
短い固定期間で組むと金利は安くなりますが
固定期間が切れるときに もう一度固定期間の選択を行う必要がある
ここがポイントになるでしょう 金利が下がる方向なら良いのですが
今の金利は底に近い状態ですから 上がる事を考えた方が良いと思います
銀行によりまちまちですが ローンを組む段階での金利が
キャンペーン金利で割引金利だったりすると 金利は下がっていても
実質金利は上がると言う事も考えられます
固定期間が切れたときのことも良く聞いておく必要があります

生命保険料が金利の中に入っていると言う商品も多く
生命保険料が不要になりますが 保証料が必要になります
審査的にはフラット35より一般的には厳しいと言われています

最後は変動金利のローンです 変動金利とは言いますが
1996年から固定金利に近い状態です 過去16年間は固定金利と同じで
現在はキャンペーン金利の変動商品が出ています
その時の金利は銀行によりますが1.0%前後です
保証料が不要な商品もありますが 大きなリスクはやはり
「変動」であるという事ですね
国際情勢で金利が変わる時代です 先はわかりません
過去は16年固定化していますが、未来の35年は予測不能です

金利が上昇する段階で他行に借り替える方法もありますが
その場合 借り換えの諸費用が発生します

とか とか で 住宅ローンも正解はないのですが
資金計画はとても重要な事です ご自身のライフスタイルや
経済力に見合わせた計画が大切です よろしければ
『資金計画セミナー』などに お気軽に参加して下さい
          ↓
      【イベント案内】

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック