スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収納スペース

 女性にとって マイホームに対する希望の中で
収納スペースを出来るだけ沢山欲しいというのは
共通の願いであり その傾向は年齢が高いほど強く思われます

しかし収納スペースを多く取るということは
そのまま建物の大きさと比例してしまい
当然建築費も高くなるという事です

しかしその建築費には制限があり はいそうですか
とはいかない事が多いですね ではどうするか・・・
悩む事になりますね で一番良いと思うのは
本当に収納しなければなり無い物と そうで無い物を整理して
収納しなければならない物自体を減らすしかありませんね

とはいっても思い出の品々や 普段使用しなくても
どうしても整理しがたい物が結構あるものですね
そんな場合に提案させて頂くのが ロフトです
天井を勾配天井にしたりして高くし その部分にロフトを設けます
ロフトは従来の小屋裏部分を利用する物なので
建築の面積は増えません お子様が小さいうちは
隠れ部屋的な雰囲気で喜ばれるし
ご主人が 自分だけの趣味のスペースにする事も出来ます
勿論 物置としてもかなりの容量になります


でもその場合心配になるのが ロフトのある部分の
部屋の容積が大きくなるるので 夏は暑くならないか
冬は暖房が効かないのではないか・・・
確かに昔の家は 吹き抜けやロフトがあると
夏は暑くて 冬は暖房効率が悪くて寒かった
つまり 断熱性能や気密が悪かったからです
確かに昔は 設計士さんもそこまで考えていなかったようです

でも現在では 断熱性や気密性能をきちんと設計施工すれば
例えロフトや吹き抜けのある空間も 快適な温度を
保つことが出来るのです

それに昔は収納と言えば 押入しかなく
中段とせいぜい枕棚しか施工されていませんでした
したがって無駄な空間が多かったし
あまり詰め込むと いざ取り出すのに大変でしたが
最近では 棚板を自由に調整出来るように施工する事が出来るので
同じ面積でも 大容量の収納スペースを確保する事が可能ですね。 
収納120523-1     収納120523-2
スポンサーサイト

生きるとは恥をかくこと

 生きるとは恥をかくこと

人間だれしもカッコ良く生きたい。嫌なことはやりたくない、
恥もかきたくない。今時の青年は傷つくことを極度に恐れる。
それゆえ若者は自分の弱さを知っているし、人を傷つけたり干渉もしない。
しかしどこかおかしい。人間臭さがない。

人間生きて行く以上負けたり勝ったり、泣いたり笑ったりするはず。
そもそも人間が生きて行くとは恥をかく事と言える。
人前で恥をかくから次は失敗しなくなる。成功した多くの経営者は、
数え切れないほどの恥をかいている。

サッカーをやったり、野球をやったり屋外で身体と身体をぶつけあい、
時には殴り合いまで始めてしまう選手をみて自分はいやだ、
人を傷つけてまで勝ちたくない。それは一つの考え方として否定はしない。

今流行の携帯やスマホを使ったゲームの会社DeNAが
わずか数年で横浜ベイスターズを買収。なぜ急成長したか。
自分一人がゲームして遊ぶだけでなく、
そのゲームに仲間が参加して強力な相手に立ち向かう手助けをする。
さらに難易度の高いゲームにステップアップ。
そうしないと仲間外れになった気がする。
ゲームが下手であろうが負けようが恥はかかない。
これが当世の若者に受けた。

しかし、これでは人間として成長しない。
生きるとは恥をかくことなのだ。

(この記事は「News ASNA(アスナ)」より抜粋したものです。)

続 R+ハウス三重モデル

 続『R+ハウス』三重モデルです

外観は斬新なリゾート的な感じですね
R+ハウス三重モデル2-1
玄関周りの大きな庇が とても斬新です

開放的にするため スッキリした鉄骨の階段です
R+ハウス三重モデル2-2
柱や壁がないので 明るい空間になります

こちらは2階の主寝室です
R+ハウス三重モデル2-3
ベットスペースが4.5帖で奥にクロークを配置してあり
全部で6帖なのですが 間仕切りも天井まで伸びていないので
広く感じます(実際寝るだけのスペースですからね)

この建物は延床面積が28坪ですが アトリエ建築家の設計により
とても開放的で広々と感じ 家族4人でも十分に暮らせる建物です

広々と感じるということは 実際に狭くは無い事を実感しました
予算的にも有利ですし 現実的なモデルハウスです。

R+ハウス 三重モデルハウス見学会

 先日の『R+ハウス』モデル見学会の続きです
岐阜のモデルハウスを見学した後、三重県のモデルハウスも
見学させていただきました

2棟建っていて その1棟がこの建物です
R+ハウス三重モデル1-1
こちらも外壁に 一部無垢の板を貼っています

玄関を入るとギャラリーになっていました
R+ハウス三重モデル1-2
実用的にも広い土間のような空間で 趣味や仕事にも活用できるスペースです

2階はスッキリとしたデザインです
R+ハウス三重1-3
予算をかけるべきところにかける為 その他は
シンプルに仕上げていますが やはりセンスが良いですね
勿論デザイン性だけではなく こちらも高気密・高断熱の高性能住宅です。

岐阜モデルハウス見学

 先日『R+ハウス』の 岐阜モデルハウスを見学に行って来ました

『R+ハウス』はアトリエ建築家と創る高性能住宅です
高性能住宅の性能の説明はともかく 今回はアトリエ建築家の
デザイン性をご紹介したいと思います

正面はガレージと一体になったギャラリー(事務所)となっています
R+ハウス岐阜モデル1
無垢の板張りがいい雰囲気です

この手造りの飾り棚 実はロフトに登るハシゴを兼用しています 
R+ハウス岐阜モデル2
アイデアもデザインですね

個人的に好きな空間造りです
R+ハウス岐阜モデル3
奥がキッチンになっていて その上がロフト
こちらもロフトに登る 階段が壁から跳ね出していて
飾り棚の役目も兼ねています 勢い良く登るには
強度的に疑問ですが 普通では考えつかないデザインですね

このモデルハウスは 何と気密性を表すC値が0.5cm2/m2以下だそうです
デザイン性だけではなく 住み心地もとても素晴らしいということですね。

自然素材&家造り勉強会

 今度の26日(土)・27日(日)は
自然素材の『雨楽な家』にて『家造り勉強会・個別相談会』を開催いたします

完全予約制ですが 27日の日曜日は余裕があります
自然素材の心地良さを実感しながら
・家の性能
・家の価格のしくみ
・家の価格以外に必要なお金
・ライフシュミレーションを踏まえた資金計画
などなど じっくりご相談させていただきます
モデル23・7・10

今すぐではなくても 必ずためになる相談会です

お問い合わせは フリーダイヤル:0120-939-986
または ⇒ 【お客様窓口】
会場は ⇒ 【こちらです】

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。