FC2ブログ

三丁目の夕日

三丁目の夕日

この記事は「News ASNA(アスナ)」より抜粋したものです。

「三丁目の夕日」を見た方々は、今の世の中より
あの頃の方が幸せだったと感じたはずだ。
あの時代、田舎で育った小生などは、
違った意味で健康的でしみじみと日々幸せを感じ育った。
明日は今日よりよくなる。そんな夢と希望に溢(あふ)れていた。
周りの大人はわが子のように叱り、たたき、
そして優しく見守ってくれた。高度経済成長期に入った頃、
山の中腹で一人暮らしをする老人が言った。
「このまま便利になり過ぎると、人間は堕落するぞ」と。
社会人になり、帰郷するたびに土産を持って
かわいがってもらった老人を訪ねると
、変わらぬ生活をしていた。
薪(まき)を割り、五右衛門風呂を沸かし、釜戸で飯を炊いていた。
水は山の湧き水を引き、たまに買うのはミソとメザシ。
秋にはキノコ、春には山菜が山ほど採れる。
「これで十分幸せだよ」とも語った。
88歳で村の人に見守られて亡くなった。
今回の大震災でつくづく思う。人間の幸せってなんだろう。
あふれるモノに囲まれてあれも欲しいこれも欲しい。
これが本当の幸せか疑問に思う、今日この頃である。
電気が消えただけで水も水洗トイレも冷蔵庫も止まる。
12階まで非常階段を毎日歩く生活。
想像するだけで怖くなる。三丁目の夕日の時代に帰りたいなぁ~!

昨夜丁度 一作目をテレビで放映していましたね 観るのは2回目ですが
思わず久々にテレビを観て涙しました(最近涙もろいです・・・ カミさんは号泣してました)
少なからず共感する私です・・・
 ⇒ 『三丁目の夕日』
スポンサーサイト