FC2ブログ

孫にも?

 先日取引先の新年会があり スーツを着る事に
年に数回?・・・ 昨年は1度しか着なかったような気がします
スーツ24・1・12

孫にも衣装?・・・ お腹が出てきたので冬物はこのスーツしか着れません
今時ダブルを着る人は少ないようです
新しい物が欲しいのですが 今年も今回限りかも知れませんので・・・
スポンサーサイト



断熱材

 先日まで暖かかったのに 今朝は寒いですね~
冬ですもんね 1月ですからこれくらいが平年並みなんでしょうか?

当然暖房器具を使用していることと思いますが そこで気になるのが暖房効率ですよね
取り合えずどんな暖房器具を使用するかは別にして
暖房の効率が高いほうが良いに決まっています
では暖房効率の高い空間とは と考えると断熱性能かな?と言うことになりますね
ところが今やその断熱材の種類や性能 そしてその工法も様々です
各メーカーなどが我こそが一番と しのぎを削って開発したり宣伝していますから
専門家でさえ正直何が一番良いのか よく分かっていないのが現状だと思います

熱伝導率がどうのこうのと 数値上の性能評価で判断する事になるのでしょうが
でも現実として肝心なのは 居住する空間の快適感ですよね 家の中を快適にする為に
断熱材を入れるのですから当然です そして肝心な快適な空間とは??
これが結構難しい 例えば室内の気温が20度だと言っても 家の中で温度差があったり
床や壁が冷たく感じたら快適とは言えません
でも室温が18度でも床や壁も同じ温度で暖かく感じるのなら
快適な空間と言えるのではないでしょうか

この様に家の中を快適にするためには 断熱材だけの問題では無く
簡単に説明する事の出来ない とても難しい問題なんです
数値だけではなく感覚の問題でもありますので 自分自身が体感していなければ
自信を持ってお勧めする事は出来ません でも間違い無く体感している事は
無垢の木の肌触りの良い暖かさと柔らかさです 気温以上に暖かく感じます 
(しかも夏はサラサラとして気持が良い)

それから 最近では断熱の他に遮熱という考え方が重要視されて来ました
熱エネルギーに対して 断熱材が対応出来るのは伝道熱と対流熱
そして遮熱材が対応するのが輻射熱 先日この遮熱のセミナーを聞く事が出来ましたが
又後日説明させていただきたいと思います

今回はガラにも無く真面目なお話でした・・・ 疲れました・・・。