FC2ブログ

恩師

 昨日 中学校時代の担任の先生(女性)から
「物置の扉が壊れちゃったー どうしよう~!」
と とても悲痛な声で しかも慌てた声で電話がありました

たかが物置の扉でしょ? そうです昔から何かと大袈裟な先生です
先生のお宅は 以前から何度もお邪魔しており
かなり古くて 先日外部の塗装工事を 私共でさせて頂いたばかりです
ご主人に先立たれ 一人息子のご長男は東京で暮しており
現在は 一人住まいをされています

物置の扉が外れた程度なので 大工さんに頼むまでもないと思い 
「心配しなくて良いよ~ 僕が明日行くからね~!」
という事で 今朝行って来ました

やはり古い木製の建具なので ドアの丁番が錆付いていて
木の枠も腐りかけており 動きが悪いので 無理やり開けようとした所
ドアごと外れてしまったようです

取りあえず応急処置で 腐っていない所に新しい丁番を付け替え
ドアを取り付けましたが 根本的には全体を取り替えるような
改修をしなければなりませんが 先生は
「もう 私の寿命のほうが短いから 当分使えればいいの」
だそうです さらに
「あんたでも 治せるんだね~」 だって
(確かに この程度の事ならね)

ブログネタに写真を撮らせてと お願いしましたが
「恥かしいから イヤ、イヤ 絶対にダメ~!」でした 残念!

先生何時までもお元気でね 又何かあったら電話してね~!
スポンサーサイト