FC2ブログ

節の無い木

 前回の節の話の続きです 節の無い高価な柱には
全く節は無いのでしょうか? そんな筈ありませんよね
枝の無い木は育ちませんから
表面には出ていませんが 中に隠れています

木材は曲がっていては使用出来ません
(屋根の小屋組みの梁には 曲がっていても使用できますが)
その為 出来るだけ真直ぐに そして出来るだけ早く長くしたいですよね
だから木の育つ頃合いを見ては 枝打ちをして節が大きくならない様に
横に伸びない様にして 真直ぐ上に伸ばす様にする訳です

その中でも良い木材になりそうな木を 周りの木を間引きしながら
大きく育てるのです そうして何度も手間暇掛けて枝打ちした木には
枝が落とされた節の上に 幹が被さり隠されて行くのです
ですから表面に隠されているだけで 中には節がちゃんと?あります

この処 当社の工場では Y様の雨楽な家の材料を スタッフの樅木が
加工しています ですから工場内は 桧のとても良い香りがしています
その材料の中で 納まりの都合上 如何しても4寸(12cm)角の柱を
小さく削らないといけない柱があります 表面には節の少ない柱だったのですが
小さく削って行くと やはり節が出て来ました 樅木は少し残念そうですが・・・

雨楽な家の場合 あえて節の有る材料を使用していますが
節の有る柱には 味わいがありますね
スポンサーサイト