FC2ブログ

ヒラタキクイ虫

 4年程前に木工事をさせて頂いた鉄骨造の住宅が
ヒラタキクイ虫の被害にあいました ヒラタキクイ虫 ご存知ですか?
別名ラワン虫とも呼ばれますが 体長は1ミリ位で濃い茶褐色の虫です
ラワン材を特に好み 幼虫の時に内部を食べ 成虫になった時に表面に
小さな穴を開けて出てきます ほんの小さな穴なんですが パウダー状になった
木の粉を排出することで 気が付く事が出来ます

殆んどの被害は ラワン材やラワンの合板ですが時には桐も食べるそうです
対処法は 製品にする時点では薬剤処理や熱処理によって防虫しているのですが
その後は対処する事が非情に難しく 管理出来ないのが現状です

シロアリなどと違い 構造的な被害は無いのですが お客様にとっては問題です
一般的には小さな穴から根気よく殺虫剤を吹き込むのですが 全てを退治する事は
難しいようです しかし2・3年で自然に居なくなることもあるそうです

今回のお宅は高価な特注の桐タンスがあり 被害が広がらない様に
取り替えの出来る部分の合板を当社で取替え
あとの部分は 専門の防虫業者に処理してもらいました

専門業者さんの話では 最近増えているそうです シックハウス病の問題で
ラワン合板の薬剤処理が緩和されているのが原因かも? という事です

不思議なのが 立派な住宅ほど 被害にあう事が多いそうです
スポンサーサイト