スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の価格

 本当の家の価格って 何でしょうか

家を現金で買える人はズバリ家の建築価格かも知れません
でも現金で買っても良い人は 現金で払ってもまだ預金が沢山ある人だけです

現在の金利であれば 普通なら出来るだけ銀行ローンを上手く利用しましょう
但し 上手くです 肝心な事を少し勉強するだけで 後々大きな違いになってしまいます

家の価格

そして 家の価格は『性能』にも大きく左右されますね
だって家は少なくとも30年、40年と住むわけです
冷暖房などの光熱費やメンテナンス費用も 家の価格と同じ事ですね
それに家族の健康面でも 医療費だけでは済む問題ではありません 

折角ローコストで建てたのに 10年後には高くついてしまっては
何もならないどころか 後悔することなったら・・・

勉強会で 本当の意味の『家の価格』を考えてみませんか?
お気軽に参加下さい ⇒ 【参加申込】
スポンサーサイト

住宅ローン

 マイホーム計画で 一番重要なのが資金計画です
(お金を沢山持っている人は別ですが・・・)

「人生で一番高い買い物は住宅ローンです」

最近良く耳にする言葉ですが どの住宅ローンを使うかで
総支払額が全く変わって来るということです

このことは大変難しく これが正解!は人それぞれかと思われます

ある記事を参考にしますと
昨年まで良く使われていたのは「フラット35S」
と言う金利が10年間マイナス1.0%と言う商品です
金利を国が負担するからかなりのメリットがありました
(国が負担しているという事は 税金が使われていることですね)
フラット35は35年間金利が一定であるという事と
保証料が不要であると言うメリットがあります が 
団体信用生命保険に加入する事で大きなデメリットが出ると言う商品です
抜け道は、申込者が若ければ、別の生命保険に加入すると
メリットが出るかもしれないそうです

それから 固定金利選択型の銀行ローンが有ります
2年から20年までの固定期間を選ぶシステムです
当然 固定期間が長くなると金利が上がります
そうなると総返済額が多くなりますね
短い固定期間で組むと金利は安くなりますが
固定期間が切れるときに もう一度固定期間の選択を行う必要がある
ここがポイントになるでしょう 金利が下がる方向なら良いのですが
今の金利は底に近い状態ですから 上がる事を考えた方が良いと思います
銀行によりまちまちですが ローンを組む段階での金利が
キャンペーン金利で割引金利だったりすると 金利は下がっていても
実質金利は上がると言う事も考えられます
固定期間が切れたときのことも良く聞いておく必要があります

生命保険料が金利の中に入っていると言う商品も多く
生命保険料が不要になりますが 保証料が必要になります
審査的にはフラット35より一般的には厳しいと言われています

最後は変動金利のローンです 変動金利とは言いますが
1996年から固定金利に近い状態です 過去16年間は固定金利と同じで
現在はキャンペーン金利の変動商品が出ています
その時の金利は銀行によりますが1.0%前後です
保証料が不要な商品もありますが 大きなリスクはやはり
「変動」であるという事ですね
国際情勢で金利が変わる時代です 先はわかりません
過去は16年固定化していますが、未来の35年は予測不能です

金利が上昇する段階で他行に借り替える方法もありますが
その場合 借り換えの諸費用が発生します

とか とか で 住宅ローンも正解はないのですが
資金計画はとても重要な事です ご自身のライフスタイルや
経済力に見合わせた計画が大切です よろしければ
『資金計画セミナー』などに お気軽に参加して下さい
          ↓
      【イベント案内】

その家賃って・・・

 賃貸マンションにお住まい方は
毎月払っているその家賃代は 一体いくらの住宅ローンを
払っている事と同じなのか・・・ 知っていますか?
な~んて 少し過激な質問でしょうか?

例えば 毎月の家賃が8万円の場合
25年の住宅ローンでボーナス返済無し 金利1.5%で試算すると
2000万円の住宅ローン返済と同じになります・・・

家賃では25年間払い続けても ご自分の資産にはなりませんが
持ち家の住宅ローンでしたら 払い終わればご自分の資産になりますね
(勿論目減りはしますが)

出来るものなら どちらが良いのか・・・

一度しっかりと ご自分の資金計画をしてみては如何でしょうか?

12月のセミナーは ⇒ 『イベント情報』へ
お申込は ⇒ 『お客様窓口』へ
 ※お約束 : 決して強引な売り込みはいたしませんのでご心配なく!

住宅ローン

 最近人生で最大の買い物は
「家ではなく住宅ローンです。」 なんて言葉をよく耳にします

確かに住宅ローンは金額も多く返済期間も長いので 賢い借り方で
総返済額が何百万円も変わってくるのは ありえない話ではありません。

だから住宅ローンの勉強をしましょうね と言うことになります
確かに総返済額は少ない方が嬉しい事は確かです
現在は変動金利だと0.98%なんてのもありますから
10年固定の1.90%だと 2000万円の35年間ですと
総返済額の差は3763147円になってしまいます
(35年間金利が変動しなければ ですが)

返済出来る金額を8万円だとして考えた借入金額も
変動金利の0.98%なら約2843万円で
10年固定の1.90%だと約2453万円で
その差約390万円 大きな差ですね

しかしそんな知識を身に付けるだけで良いのでしょうか?
そうでは無いと思います・・・ 一番大切なのは何でしょ?

それはリスクを出来るだけ減らす事だと思います
本当の資金計画とは リスクを少なくして
無理の無い返済額にして 安心して楽しく暮らす事

たとえ総返済額を減らしても 途中で返済出来なくなってしまうと
何もなりませんからね

返済期間は長期間におよびますので その期間にいろいろな
不測の事態がおきる可能性があります
金利変動・経済情勢の変化・年収の変化・体調の変化・自然災害など
様々なリスクが存在しますよね

一番大切なことは リスクを減らす身の丈に合った
資金計画の考え方を身に付けることだと思います。

当初の家造りセミナーは 返済金額の損得ではなく
家造りの第一歩として 先ずは
●本当の家の値段(建物本体価格と必要諸経費の説明)
●安心して返済出来る住宅ローンの考え方
を理解していただく為の セミナーです。

12月のセミナーは ⇒ 『イベント情報』へ 
セミナーご希望の方は ⇒ 『なんでも相談窓口』へ
※ご希望の日時と人数をお知らせ下さい
 場所は北名古屋市のモデルハウスです。

貯金

 月々の貯蓄、3人に1人は「していない」

ある会社のインターネットによる
「貯蓄に関する意識調査」 の結果だそうです

●また貯蓄をしている人の毎月の貯蓄額は
 「1万円~3万円未満」が(25.2%)
 「3万円~5万円未満」が(12.6%)
 「5万円~10万円未満」が(9.2%)
 「1万円未満」が12.5%)
●貯蓄をしていない人の理由は
 貯蓄するだけの余裕がない(86.6%)
 銀行の金利が安い(7.9%)
 あるお金は全部使う主義(1.1%)
 月々の貯蓄をいていない事に「不安を感じる」と答えた人は(89.4%)
 と 貯蓄をしないことに不安の感じながらも 貯蓄出来ない家計の
 厳しい現状が浮き彫りになった
●貯蓄をしている目的
 老後の資金(27.3%)
 特に目的はなし(18.8%)
 子供の教育費(15.6%)
 住宅購入(9.3%)
 生活費(9.3%)

統計局の調査による勤労者世帯の平均貯蓄額は1203万円
●もし1203万円あれば何に使いますか
 預貯金(33.6%)
 老後の資金(25.7%)
 国内・海外旅行費(18.5%)
 生活費(18.4%)
 子供の教育費(14.8%)
 住宅購入(13.3%)

この調査結果 あなたはどのように感じますか?・・・

資金計画のご相談もお気軽に ⇒ 『何でも相談窓口』
※ご迷惑な営業行為は決していたしませんよ~!

どっちが得なの?

 住宅ローンの「元利金等返済」と「元金均等返済」
どっちが得なの?

私自身 以前は出来る事なら「元金均等返済」の方が
総返済額が少なくなるので 得だと思っていましたが

現実性と考え方では そうばかりとは言えない事が
資金計画を勉強していて分かりましたので
また次回に ご説明したいと思いまあす。

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。